ネクタイピンのブランド13 − ケンゾ−(KENZO)

スポンサードリンク
デザイナーとして様々な経験を積んだ高田賢三氏が、1970年、パリのギャルリ・ビビエンヌでプレタポルテのブティック”ジャングル・ジャップ”をオープンしたのが、ケンゾ−(KENZO)の始まり。発表当時、その未曾有のデザインはパリ・モード界に衝撃を与えました。

そして、コットンをメイン素材として使用し、色鮮やかな花柄を大胆に組み合わせたデザインと平面的な裁断から生まれるゆったりとしたシルエットのコレクションによってその名を一躍有名にした後も、アジア諸国の文化を巧みに取り入れたデザインを次々と発表。

1999年にはブランドを売却して一旦デザイナーから退いたものの、復帰した2003年の翌年には、アテネオリンピックのユニフォームデザインを担当し、現在でも”ミックスカルチャー”をコンセプトに、融合的な作品を前面に出した作品の創作活動を展開しています。

そんなケンゾ−のネクタイピンは、真鍮を素材とした流麗なデザインのものが多く、”KENZO”のブラックロゴが入ったフラットシルバーとグロスシルバーのコンビコーティング、ゴールドとフラットシルバーのコンビコーティングなど、細身のシンプルなシルエットが特徴。

ブランドアイデンティティである”色”、”旅”、”自然”というキーワードに象徴されるように、季節ごとに移り変わるシーンとそこに吹き渡る風を感じるような、誰にでも親しみやすい雰囲気を醸し出しているのが、ケンゾ−スタイルの魅力と言って良いでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。