ネクタイピンのブランド9 − ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)

スポンサードリンク
1859年、フランスのアニエールに創設されたトランク工場を発祥とするルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)。最初に売り出したのが、灰色のキャンバス地で表面を覆ったトランクで、その軽さが好評を得て需要が拡大し、のちにエジプト総督や、ロシア皇帝、スペイン国王などのVIPから注文を受けるようになります。

その人気は、トランクに布地を張る技法が容易に真似できることから瞬く間にコピー商品が出回ったことや、息子のジョルジェ・ヴィトンに代が移ってからも、彼が考案した”ダミエ・ライン”と呼ばれるデザインをコピーされたなどといったことから、容易に想像できるほど。

そしてこれは現在でも続いていて、1896年に発表され、現在ではルイ・ヴィトンのトレードマークとしてすっかり定着している、様々なシンボルと共にルイ・ヴィトンのイニシャル”LV”が描かれた”モノグラム”と呼ばれる布地も、その模造品が出回っていたりしますよね。

これだけ他に真似されるのは、ルイ・ヴィトンに変わらぬ人気があるからに他ならないわけですが、ネクタイピンも、幅広い層から人気のあるシルバー&ブラックのコンビで”LV”のロゴやモノグラムをあしらったものが魅力的で、落ち着いた清楚なテイストとなっています。

ですから、ビジネススーツからフォーマルスーツまでどんなシルエットのスーツでも、またどんなネクタイのカラーでも合わせられるのが特徴と言って良いでしょう。ただし、前述のように偽物が多いのもルイ・ヴィトンの特徴なので、選ぶ際は十分に注意する必要があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。