ネクタイピンのブランド4 − ダンヒル(DUNHILL)

スポンサードリンク
1880年に、創業者アルフレット・ダンヒルが、馬具の製造卸売業をロンドンで開業したのがダンヒル(DUNHILL)の始まり。その後、衣類や小物の製造業もスタートさせ、20世紀に入って自動車が普及してくると、自動車旅行用品を販売することでさらに事業を拡大しました。

その製品の種類の豊富さは、「クルマ以外なら何でも揃う」と表現されるほどでしたが、近年はタバコや葉巻ブランドを展開する他にライターやパイプなどの喫煙用具、バッグ、時計や衣料品などのファッションブランドとしても有名で、男性向け製品を主体に展開しているのはご存知の通り。

現在は、フランスのカルティエやスイスのIWC、ドイツのモンブランなどの様々なラグジュアリーブランドを多数所有しているスイスのリシュモングループの傘下となっていますが、そんなダンヒルが作るネクタイピンは、落ち着いた大人の”渋さ”が特徴。

シルバーやゴールド、シルバーとゴールドのコンビやオニキスをあしらったものなど、高級感漂うカラーや素材の組み合わせが、ダンヒルのネクタイピンを手にする人の心を掴みます。形も基本的にはシンプル・イズ・ベストを地でいく、誰にでも好感が持てるものが多いので、どんなネクタイやスーツにもしっくりくるのが良いですね。

もちろん、シンプルなものでは飽き足らない向きには、鳥の羽をモチーフにしたウィングマークをかたどったものなどもありますので、そちらを選ぶのも面白いと思います。どちらを選ぶにしてもダンヒルならではの落ち着き具合は変わりませんから、他と比べてダンヒルを選ぶときのひとつの基準とすると良いでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。