ネクタイピンのつけ方、位置

スポンサードリンク
ネクタイピンに特に決まったつけ方というのはありませんが、通常はネクタイの大剣、小剣を含めてワイシャツの合わせの部分にはさみ込みます。

このとき、大剣の長さの中心から少し下の部分の位置でそこから上の部分を持ち上げるようにしてつけると、ネクタイの裾をネクタイピンで上手く処理している良い感じになりますので、留意してやってみてください。

脱落防止のボタンフックがついているものは、ネクタイピンをつけた位置から一番近い上のボタンにかけるようにします。ネクタイピンは普通、大剣の上に見せることを前提にしてデザインされていますが、もうひとつのつけ方として小剣のみをワイシャツの合わせにはさむやり方もあります。

この場合は、大剣の裏のループに通した小剣の下の部分の位置でネクタイピンをつけるようにします。そうすることで、表にネクタイピンを見せることなく大剣もある程度固定することができますから、お悔やみの際などアクセサリー類を控えたい場合などに有効に使うことができます。

因みに私もシチュエーションにあわせて、いま紹介したネクタイピンを大剣の上に見せる場合とそうでない場合を、日常の中で使い分けていて、どんな場合でも、ネクタイをする際はネクタイピンが欠かせない存在になっていますね。
posted by TPDandy | ネクタイピンについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。